世界に一つしかないオリジナリティを演出できる刺繍

>

刺繍には人を引き付ける魅力がある

一枚の布を劇的に変化させる

刺繍の中には、まるで織物のように一枚の布そのものを美しく彩る種類のものがあります。例えば日本でスウェーデン刺繍と呼ぶタイプのもの。こちらは布地の縦糸をすくいながら刺繍の糸を絡めていく技法となっています。元々の布地の糸に施していく為、一見すると布そのものに織り込んでいるようにも見えるのです。シンプルでモザイク模様のように細かな編み目で、どんなデザインも加えることが可能。オリジナリティを演出したいなら最適な技法ともいえます。
また絵のような技法として、同様に人気があるのがカロチャ刺繍です。こちらはハンガリー出身の技法であり、赤やピンク、黄色などといったカラフルな糸を使うため愛らしさ抜群の刺繍となっています。どちらも難しい技法ではないため、ネットでの注文がしやすいのも魅力です。

優雅さを演出するなら

とくに気品ある刺繍として人気が高いのがフランス刺繍です。フランス刺繍とはその名の通り、フランスで人気となったもの。かつては貴族にも愛されたフランス刺繡は、リネンなどドレスで利用されるような布に施されることの多い技法です。
派手な色を好まず、それでいて気品と優雅さを感じられるよう、華美過ぎないのに一味違うオシャレさを感じられる配色と、美しい花畑のような色合いで、今でも世界的に人気の高い刺繍となっています。
フランス刺繍は、一見シンプルな様に見えますが、実はかなり高度で複雑なステッチを多く用いているのです。複雑であるのに、柔らかく刺繍に向かないような布であっても施せるなど、幅広いものに使うことが可能。そのため既製品を自分なりにデザインしたいという場合にもオススメです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る